前へ
次へ

鍼灸治療で専用鍼の仕組みを知る

医療器具においては扱いが厳しく決められていて、感染の可能性がある医療器具は使いまわしがされないようになっています。注射針などは感染の可能性が非常に高くなるので非常に厳重な管理がされているでしょう。鍼灸治療に使われる鍼は血管に刺すわけではないので血液などがつくことは少ないでしょう。ただ全くつかないわけではなく、他人の血液がついた鍼を使えば血液を通じた感染の可能性が出てきます。基本的には鍼灸治療で使う鍼は使い捨てになっています。治療が短期間で済むような人で一般的な鍼を利用するなら使い捨てでも問題ありません。ただ継続的に治療をしたい人が一般的なものとは異なる特殊な鍼を使うケースで治療を受けることもあります。特殊な鍼なので通常よりも価格が高くなることもあり、より患者の負担が少ない方法として専用鍼の仕組みを取るところもあります。その人専用の鍼が用意され、使い捨てではないものの同じ人にしか使われません。ですから感染の可能性は低くなります。

Page Top