前へ
次へ

鍼灸治療は胃の不調にも有効

夏場などは熱中症予防のために冷たいものを食べてしまうことからも、その影響が後に胃の疲れとなって不調がで始めます。また食欲が増してしまうと体力をつけたいという体の反応によって、暴飲暴食に走ってしまう人もいますので消化器官に負担をかけると体全体の不調が始まってしまいます。胃がムカムカすることは誰しも感じるようになりますが、それが長く続いたりストレスによって食の偏りが出てしまうと要注意が必要です。また胃がキリキリと痛むようになってくるといよいよ放っておけない状態になりますので、痛みを緩和させるために薬などを使うこともあります。東洋医学では鍼灸治療や漢方治療などがあり、体の免疫力を高めることによって胃腸の負担を軽減させることができるようになります。鍼灸治療は針をツボに刺すことによって鎮痛効果が認められるので、胃の痛みがある場合には有効な手段といえます。代替医療としても期待されているので、多くの人の未病も含めた予防に一役買っています。

Page Top